スターウォーズはパロディ作品も多い映画

親しまれた作品だからこそ多いスピンオフ

多くの人に愛されているスターウォーズ作品。

 

パロディとして取り上げられることも多く、スターウォーズの名シーンが取り入れられた作品も多々あります。

 

ダースベイダーの正体を知り、ショックを受けるシーン。

 

「嘘だー」とルーク・スカイウォーカーが叫ぶ場面など、パロディチックに他の作品で観たことはありませんか?

 

私がスターウォーズを観るきっかけになったのも、こういった名シーンのパロディを他の映画作品で観たことから、興味がスターウォーズ作品にいきました。

 

さて、知っている人にとって見れば、「ああ、あのシーンね」となりますが、やっぱり知らない人にとっては、私が挙げた先ほどのシーンも「何それ?」となりますね。

 

スターウォーズ作品を全く観たことがない人に、ちょっとだけでも興味を持っていただけるようなおすすめの場面やキャラクターについてお伝えしていきたいと思います。

 

エピソード4・5・6

 

私はルーク・スカイウォーカーが主人公の4から初めて観ました。

 

最初に作られたのは1977年、エピソード4新たなる希望からでした。

 

ここではやはりCGに注目していただきたいです。

 

今のようなグラフィック技術がなかったのに、宇宙は果てしなく、宇宙船や人間以外のキャラクターが実際存在しそうな気さえしてきます。

 

先ほど取り上げた「嘘だー」と叫ぶシーンはエピソード5帝国の逆襲からです。

 

ちなみにスターウォーズのキャラクターとして有名なヨーダはエピソード5で初めて登場します。

 

キャラクターとして可愛いなと思うのは、エピソード6ジェダイの帰還の最後に登場するイウォーク族です。

 

クマっぽい感じの二頭身な姿がとってもキュートです。

 

またレイア姫とハン・ソロ、ルークの三角関係のような状態にも注目していただきたいところです。

 

エピソード1・2・3

 

エピソード4より前に起きた出来事となります。

 

主人公はアナキン・スカイウォーカー。

 

ルークの父親であり、ダースベイダーとなってしまった人物でもあります。

 

どうしてダークサイドに落ちてしまったのかということを1〜3にかけて説明する内容となっています。

 

エピソード4で早々に死んでしまったオビ・ワン・ケノービがまだ若く、そしてちょっとだけヨーダも若いです。

 

アミダラ女王とアナキンとの恋模様にも注目していただきたいです。

 

またCGも格段に技術が上がっているので、より世界観に深みが出ている気がします。

 

こっそりハン・ソロの相棒となるチューバッカも登場していて、4から続くエピソードとのつながりにも注目してもらいたいです。

 

テンポよく進むスターウォーズ

 

意外と淡々と進んでいきます。

 

数年後、というような形で間で何があったのか特に説明がないところも結構あります。

 

こういった理由からスピンオフ作品やパロディ作品が生まれやすいのかなと感じます。

 

観る人によっても感じ方が変わると思います。

 

どのエピソードから観始めるのかにもよって、変わると思います。

 

いかがでしょうか?

 

少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。